大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

整形外科

膝蓋骨脱臼(パテラ)

主に小型犬が発症する膝関節の病気であり、大腿骨の上にある膝蓋骨(膝のお皿)が内側に外れ発症します。症状は無症状から重い跛行までさまざまです。(たとえば一時的に片足を上げてけんけんをする等。)このように症状がでている動物さんでは外科手術による治療を検討します。

治療法として大腿骨の溝を深くする造溝術や、膝蓋骨が付着する靭帯をまっすぐにする脛骨粗面転移術などを行います。こうした手術により膝蓋骨は外れなくなり、症状は改善します。

症状

重症度によって無症状から跛行、挙上など様々な症状を示します。

原因

主に小型犬が発症する膝関節の病気であり、膝蓋骨が内側に外れ発症します。
トイ種など、遺伝的素因をもっている犬種に発症することが多いですが事故等の外傷でも起こり得ます。

診断方法

触診とレントゲン検査で明らかになります。

治療

軽度であれば投薬やサプリメントで治療を行うこともありますが、完治するためには手術が必要となります。
手術方法として、大腿骨の溝を深くする滑車溝造溝術や膝蓋靱帯の付着部位の位置を変更する脛骨粗面転移術などを用います。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779