大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

歯科

歯根尖膿瘍

歯が折れ、歯髄が露出したときや、たくさん歯石がある場合、化膿性病変が歯髄や根尖(歯の根っこ)に波及して発症します。この状態が放置されると歯瘻、口腔鼻腔瘻へと進行することがあります。

原因

歯が折れ歯髄炎になった歯などに生じます。膿瘍が悪化すると後述の口腔鼻腔瘻に発展することもあります。

診断方法

レントゲン検査やCT検査で診断します。

治療

歯根尖膿瘍の治療はまず歯石除去を行い必要に応じて抜歯を行います。歯が保存可能な場合は問題を起こしている歯髄を取り除き、つめものを入れる抜髄根管治療を行います。

歯瘻

歯根尖膿瘍によってたまった膿が口腔内の粘膜に穴をあけて出てきた状態を内歯瘻、また、上顎や下顎の皮膚に穴があき膿がでてきた状態を外歯瘻といいます。眼の下の皮膚に穴があき、膿がでてくる外歯瘻がよくみられます。治療には感染をおこしている歯の抜歯が必要なことがほとんどです。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779