大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

眼科

緑内障

緑内障は、眼内圧の上昇を特徴とする一連の病気です。激しい痛みに加えて、視覚にとって極めて重要な組織である視神経に永久的なダメージを与えます。よって緑内障は一般的には緊急疾患といわれ早急な治療が必要です。緑内障の治療において重要な事は、それが原発性なのか続発性なのかの決定です。多くの場合、これを判断することは難しいかも知れません。原発性緑内障の治療は産生される房水の量を減らし、排出される量を増加させる事を目的に行われます。

多くの有効な点眼薬や内服薬があり、そして正常眼圧でまだ視覚のある眼に対する様々な推奨される予防療法もあります。しかし、このタイプの治療法は長期間の治療に有効ではなく、最終的には失敗に終わることが多いので注意が必要です。このことから房水を産生する組織を破壊するレーザー治療や手術により排出路を作るようなの、場合によっては眼球自体を摘出する手術の必要が出てきます。

治療

レーザー毛様体凝固術
義眼挿入

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779