大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

脳神経科

脳炎

脳炎には、さまざまな原因があり主に感染症が原因の脳炎と免疫が関与すると言われている非感染性の脳炎に大別されます。診断にはMRI検査、脳脊髄液検査などが非常に重要となります。当施設でもこれら検査により脳炎と診断される事が多く、その後の治療方針に大きく貢献しています。以下に犬と猫で比較的よく認められる代表的な脳炎について述べていきます。

治療
壊死性脳炎

特定の犬種によく発症するとされる非感染性脳炎です。犬種としてはパグ、マルチーズ、パピヨン、ヨークシャー・テリア、ポメラニアン、チワワ、ペキニーズ、シーズー、フレンチブルドッグが主に多く報告されている犬種です。症状としては多様な神経症状を示します。治療はステロイドや免疫抑制剤が効果的であり、またけいれんを起こしている犬には抗けいれん薬を併用する必要があります。また治療中に再発する事もあり薬の継続が重要です。病状がひどいケースでは亡くなってしまう事もあります。

ステロイド反応性髄膜・動脈炎

ビーグル、ボクサー、バーニーズ・マウンテンドッグ、ワイマラナーに多く認められる疾患ですが、その他のどの犬種にも発症しうる非感染性脳炎です。この疾患に罹患した場合、若い年齢で発熱、頸部痛を示すなどの比較的特徴的な症状を示す事が多いですが、中には歩き方がぎこちない、なんとなく元気が無いなどのあいまいな症状だけの場合があり気付きにくい事もあります。治療はステロイドが有効ですが中には再発する事もあり薬の継続が重要です。

肉芽腫性髄膜脳炎

この脳炎は全ての犬種に発症しうる非感染性脳炎です。脳の中で発生する炎症部位にタイプがあり、視覚障害を引き起こす視神経に炎症を起こすタイプ、腫瘍の様な塊状に炎症を起こすタイプ、また脳全体に播腫するタイプに分かれます。治療はステロイドや免疫抑制剤、抗けいれん薬が効果的です。しかしこの疾患の中でも特に播腫するタイプのものは治療が効かず病状が重く亡くなってしまう事もあります。

特発性振戦症候群

マルチーズやウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア、プードルなどの白い被毛の犬種に好発すると言われている病気ですが、全ての色の犬で発症する可能性があります。脳の中でも小脳に炎症が起こりやすく、症状としてはふるえ、ぎこちない歩き方、頭が傾くなどの症状が出ます。治療法はまだはっきりしていませんが、ステロイドが有効な事もあり他の非感染性脳炎と類似しているものだと考えられています。

好酸球性髄膜脳炎

他の脳炎よりは報告が少なくまれな非感染性脳炎です。大型犬に多く発症するといわれており特にゴールデンレトリバーやロットワイラーに多いと報告されています。

ジステンパー脳炎

犬ジステンパーウィルスにより発症する感染症です。体内に侵入・感染したウィルスは呼吸器、消化器、皮膚の上皮、神経細胞で増殖し各症状を引き起こします。この病気は鼻粘膜、結膜、便からの抗原検出や血液、脳脊髄液の遺伝子検査にて診断する必要があります。この疾患を発症してしまうと有効な治療法に乏しくまた高い致死率である事から、予防であるワクチン接種が非常に重要です。

FIP脳炎

猫の脳炎の原因としては感染症が最も多いです。中でも猫伝染性腹膜炎ウィルス(FIP)による脳炎が最も多く認められます。この病気の原因となるウィルスは比較的身近にあり、簡単な接触により猫同士に広がります。ただこの病気が重症化するには体内に侵入・感染したウィルスが変異する事により引き起こされなければならないと言われています。変異したウィルスが体内で広がり脳に到達すると神経症状を起こします。この病気の診断には猫の年齢、臨床症状、各検査を組み合わせた判断が必要です。検査の中でも採取した血液、腹水、胸水、脳脊髄液などの遺伝子検査が有効です。この病気の致死率は非常に高くまた有効な治療法、予防法がありません。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779