大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

脳神経科

環椎・軸椎不安定症

環椎・軸椎不安定症とは環椎(頸椎の1番目)と軸椎(頸椎の2番目)の関節構造が不安定であることにより頸椎の中を通る脊髄に損傷が加わる疾患です。

症状

首の痛み、ふらつきや四肢の麻痺が認められます。また損傷を受ける脊髄が脳や延髄に近い部分であるためけいれん症状の併発や呼吸障害などにより死亡に至る事もあります。

原因

外傷や先天的な要因により発症します。小型犬においては先天的な頸椎の奇形、靭帯異常などが存在する事がしばしばあります。

診断方法

主にX線にて診断します。また脊髄空洞症やCOMS(尾側後頭部奇形症候群)といった他疾患を併発している事がありそれらはCT、MRIによる画像検査での確認が必要です。

治療

内科的治療と外科的治療があります。一般的には外科治療が推奨されますが、症状が軽度である場合は内科治療にて痛みの軽減やコルセットによる頸部固定をする場合もあります。外科治療は主に不安定になった環椎と軸椎をピンと骨セメントで固定する手術方法となり、他疾患の手術よりも特に熟練された技術が必要とされます。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779