大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

腫瘍科

CTS-Sレーザー

CTS-Sレーザー(Companion Therapy System Surgery)は、810nmと980nmの2種類の波長のレーザーが細胞レベルに作用することで、疼痛緩和や、浮腫の軽減、組織修復・治癒の促進といった効果が得られます。また、高い出力により短時間で、高い効果が得られます。

原理

レーザーを照射することによって、細胞内でエドルフィンと呼ばれる痛みを和らげる神経伝達物質が増加し、C線維求心性神経と言われる痛みの連絡路を遮断します。また、一酸化窒素という伝達物質による血管の拡張作用や、プロスタグランジンという炎症性物質の合成を抑制、線維芽細胞の増殖促進などの働きよって疼痛緩和や、浮腫の軽減、組織修復・治癒の促進といった効果が得られます。

レーザー治療の安全性について

より効果的で安全な治療のためには、レーザーの基礎を熟知し、治療用デバイスの特徴や使用法を十分に理解しておく必要があります。また、エビデンスに基づく治療指針を策定し、適応基準や禁忌例を明確にすることも大切です。当院では、レーザー医療の安全性を高めるために定期的に専門家の指導を受けています。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779