大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

腫瘍科

脳腫瘍

犬や猫の脳腫瘍では髄膜腫と呼ばれる腫瘍が半数近くを占めています。この腫瘍は脳の表面に発生する特徴があるため手術により摘出できる事があります。ただ正常な脳と腫瘍の境界を正確に区別するため、手術中にCTを撮影しながらの切除が必要になる難しい手術となります。脳腫瘍が摘出困難なケースなどでは投薬治療、化学療法、放射線療法などの治療がありますが、それらは緩和的な治療法であり完治は難しいと考えられています。

症状

けいれん発作、性格の変化、元気・食欲の減退等がみられます。

原因

脳腫瘍には2種類あり、原発性脳腫瘍(脳から発生する腫瘍)もしくは転移性脳腫瘍(他の癌から転移した)に大別されます。また、発生個所として最も一般的なのが脳と脊髄を取り囲む髄膜です。ここに発生する腫瘍を髄膜腫と呼びます。

診断方法

動物医療においても近年の画像機器の進歩は著しく、特にMRI/CT検査は頭蓋内疾患の診断には非常に有効です。当施設でもこの検査により脳腫瘍が診断される事が多く、その後の動物の治療に大きく貢献しています。

治療

頭蓋骨に一円玉かそれ以下の穴を開け、短時間で腫瘍を取り除く手術を行っております。短時間、低浸襲の手術により術後1週間昏睡状態に陥る事がなく、手術当日から歩き回る程に改善する割合が多いです。
手術が困難な部位であれば緩和・放射線・化学療法を行ないます。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779