大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

皮膚科

減感作療法

犬のアレルギーを治療するにあたり、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤といった内服を用いる場面は多くあります。ただし、飼い主様が懸念されることの多くはホルモン剤であるステロイドをずっと多用していて良いのか?ということだと思います。

減感作療法はそういった薬物による治療を減量することのできる治療法です。残念ながら皮膚病は完治ということが難しく、治っては再発するの繰り返しになります。そのため、できる限り内服する薬の量は減らしてあげたい、ワンちゃんにとって優しい治療を提案できればと思います。

では、減感作療法がどういうものなのか、という話になります。

診断方法

まずは、アレルギー検査をします。それにより、どういうアレルゲンに暴露されていて、どのアレルゲンに過剰に反応しているのかが分かります。

治療

アレルギーの原因となるアレルゲンを含んだ薬剤を作ってもらい、それを少しずつ皮下注射をしていくことで原因抗原に対する新しい抗体を徐々に作っていきます。
そうすることでアレルギー反応を起こしにくい身体にしていきます。
言い換えると体質改善をしていくようなものでしょうか。
簡単に言うと常に軽いアレルギーを起こさせることで、ひどいアレルギーが起きない身体にするという感じですね。
この治療法は自身の免疫に期待するので治療反応には個体差があります。そのため、少しでも早く治療してあげることがワンちゃんのためになります。
いつでも検査はできますので、お気軽にご相談ください。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779