大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

皮膚科

アレルギー性皮膚炎

アレルギーでお困りではないでしょうか?
人も花粉症で苦しんだりしますが、ワンちゃん達も同じです。

症状

最初のうちは全身あるいは部分的に体を強く痒がったり皮膚が赤くなります。末期になると脱毛や苔癬化・腫脹などがみられます。

原因

環境中のアレルゲンに接触または食べ物のアレルゲンによっても発症します。

診断方法

臨床症状により判断する場合やアレルギー強度検査、アレルゲン特異的IgE検査やリンパ球検査などの血液検査を行います。

治療

原因が食餌性であれば制限食により改善がみられ、環境中のアレルゲンであればシャンプー療法を実施します。また、免疫抑制剤などの内服治療を行うこともあります。その他の治療として、減感作療法やMMD療法なども選択する場合があります。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779