大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

予防医療のご案内

その他の予防医療

去勢・避妊手術

不妊手術を行なう事で様々な病気の予防が出来ます。

不妊手術は、まず全身麻酔を行ない、オスの場合は精巣、メスの場合は卵巣や子宮を取り除きます。(猫の場合は、卵巣を取り除く不妊手術のみ対応致します。)予防できる病気の種類は、オスは精巣腫瘍・肛門周囲腺腫・前立腺肥大症・会陰ヘルニアで、メスは乳腺腫瘍・卵巣腫瘍・子宮蓄膿症・子宮ガン・子宮内膜炎等の老後に発症率が高くなる病気の発症リスクを下げる事が出来ます。

不妊手術について
メスの避妊手術
  • ・望まない妊娠を防ぐことができる
  • ・乳腺腫瘍・卵巣腫瘍・子宮蓄膿症といったメス特有の病気の予防
  • ・偽妊娠行動等が無くなる
  • ・発情時の出血と発情のストレスが無くなる
オスの避妊手術
  • ・望まれない繁殖を防ぐことができる
  • ・オス特有の病気になる確率の低下
  • ・マウンティングや攻撃性が弱まる
  • ・発情時のストレスが無くなる

※猫の場合、乳腺腫瘍の9割が悪性です。

メスの避妊手術 入院1泊2日
オスの去勢手術 日帰り
メスの避妊手術 日帰り
オスの去勢手術 日帰り
注意事項

避妊手術後は抜糸が終わるまで絶対安静にして下さい。
手術後の痛みによるストレスは鎮痛剤等で緩和出来ます。
高い確率で肥満になります。適切なフードの給餌で予防して下さい。
全身麻酔を行なうのでリスクはありますが、比較的安全なガス麻酔等を使用します。
事例としては少ないですが、老後にホルモンバランスが崩れる事で尿失禁等の症状が出る場合があります。

去勢・避妊手術の料金
種別
メスの避妊手術 -円(税抜) -円(税抜)
オスの去勢手術 -円(税抜) -円(税抜)

※別途初診料又は再診料がかかります。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779