大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

予防医療のご案内

犬の予防医療

混合ワクチン

混合ワクチン接種

ウィルスによっておきる伝染病治療は非常に難しく、人にも伝染する恐ろしい種類の病気もあります。予防接種を受けることで、これらの伝染病から愛犬を守りましょう。ワクチンの種類によって得られる免疫の種類がかわりますので、詳細は当院獣医師にご相談下さい。

予防するウィルスの種類
混合ワクチン9種
混合ワクチン6種
  • 犬アデノウイルスⅠ型感染症
    (犬伝染性肝炎)
  • 犬アデノウイルスⅡ型感染症
    (犬伝染性喉頭気管炎)
  • 犬コロナウイルス感染症
  • 犬ジステンパーウイルス
  • 犬パラインフルエンザ
  • 犬パルボウイルス
  • レプトスピラ感染症
    「カニコーラ型」
  • レプトスピラ感染症
    「コペンハーゲニー型」
  • レプトスピラ感染症
    「ヘブドマディス型」
子犬への接種

生後2~3.5ヶ月齢頃までの子犬は、病気の種類によって違いますが、母犬から免疫を受け継いでいる場合があります。受け継いだ免疫を保持している間は、ワクチン接種をしても効果が得られにくいので、子犬のワクチン接種は、受け継いだ免疫がなく なる時期を見計らって行ないます。その時期については、個体差がありますので、数回に分けて接種します。擬態的な時期については当院獣医師にご相談下さい。

子犬

混合ワクチン接種時期

成犬への接種

初めてワクチン接種をされる場合は、約4週間隔で2回の接種が必要です。

以降は毎年1回の接種が必要ですが、予防接種の間隔が早すぎると必要な免疫が得られないのでご注意下さい。

成犬

混合ワクチンの料金
6種ワクチン 6,000円(税抜)
9種ワクチン 7,000円(税抜)

※フェレットの場合と1回目のワクチンは2種ワクチンを打つ場合があります。(3,500円(税抜))

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779