大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

整形外科

レッグ・ぺルテス病

レッグ・ペルテス病とは大腿骨頭に壊死が起こり強い痛みや後肢の跛行を呈する疾患です。本疾患は成長期の小型犬に好発する特徴があります。また片側だけでなく両側が罹患することもあります。

症状

後肢の痛みと跛行です。また鎮痛剤などが効きにくい強い症状を示す事がしばしばあります。発症後長期化すると患肢筋肉の萎縮を伴います。

原因

遺伝的要因が指摘されています。

診断方法

股関節の触診とX線にて診断します。またCT検査にて初期の大腿骨頭壊死を診断することも可能です。

治療

内科的治療法と外科的治療法があります。内科的治療は主に鎮痛剤になります。しかしこの疾患は内科的治療でコントロールすることが難しく、最終的には外科的治療を選択することが多いです。外科的治療としては一般的に大腿骨頸切除という手術方法が選択されます。また大腿筋肉の萎縮し始める慢性期に手術した場合は術後回復が遅延する傾向があり、早期の外科治療が重要です。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779