大阪市の動物病院 大阪動物医療センター

診療科のご案内

歯科

口腔鼻腔瘻

根尖膿瘍によってたまった膿が鼻腔に達して穴があいた状態をいいます。くしゃみや鼻水、鼻出血などの症状がみられます。治療には問題を起こしている歯の抜歯、必要に応じて穴をふさぐためにフラップと呼ばれる縫合を行います。

症状

症状としてはくしゃみや鼻汁がみられます。上顎と眼の間の皮膚が腫れて穴が開き、排膿する場合があります。

原因

様々な歯の疾患(歯肉炎、根尖膿瘍など)により口腔と鼻腔の境界が溶けて穴があき、口腔鼻腔瘻へと発展します。

診断方法

視診、レントゲン検査やCT検査を組み合わせて行います。

治療

スケーリングにより歯のクリーニングをしたうえで必要な部分の抜歯を行います。充分に洗浄をしたうえで抗生剤のペーストを充填します。必要な場合は抜歯後に歯肉を縫い合わせる手技も行います。また、ネブライザー治療(吸入)を併用します。

病院紹介

〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目7-22

地下鉄千日前線桜川駅4分
長堀鶴見緑地線長堀駅徒歩6分

交通のご案内

一般診察のお問い合わせ 06-6536-1771

お問い合わせフォーム

診療時間のご案内

診療時間

診療時間

大阪動物医療センター本院に併設しております。お問い合わせは右記番号をご利用ください。

夜間診察のお問い合わせ 06-6536-1779